南山は、今大きな問題を抱えています。

工事現場

 現在、南山の約87ha(東京ドーム約19個分)で土地区画整理が計画され、開発による消滅の危機にあります。

 

 少子化、地球温暖化、生物多様性が深刻になってるこの時代。それでも大規模開発は必要なのか?
 人口を増やすより、緑保全を!-都下の大きな流れです。


 青梅市・永山丘陵、あきる野市・横入り沢丘陵、東村山市のトトロの渕緑地など、開発中止、緑地保全のニュースが相次ぎます。今から、8万本の樹木を切り倒し、87haの里山を大規模開発するのは、稲城・南山だけです。稲城のまちづくりの良識が問われます。